気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

然別湖の湖面です。透明感が素敵です。




このところ、心の中が忙しく感じていました。
身体の忙しさよりも、心の忙しさは消耗する感じがあります。
心が忙しくなる・・という原因は ”おそれ”から来るものが多いのでしょうね。
ことに、過去につらい思いにつながったこと、自己嫌悪になるような出来事。
今、自分の目の前にあることは、過去のそれとは違っているのに。。
なにかキーワードみたいなのが似ているだけで、ブアーっと。


... 続きを読む
スポンサーサイト
2008.08.24 / Top↑
この記事のタイトルで、唄えた人!

(*δ,δ)σ・・・・・・好きです♪





暑い8月! 涼める場所のひとつに 本屋さんがあります。
そこでまた、立ち読み推奨の 『読んでみるかい?』な感じの本を発見しました。

2008.08.18 / Top↑
タイトルは『やまごもり』と読みます。
お盆休みを利用して、キャンプに行ってきました。

カメラも忘れていく始末で・・・えへへ。

なので、昨年行ったキャンプ場をイメージに使います。



今年は 日高山脈の裾野あたりを選びました。
(モチロン、車で行ける所。)
キャンパーとしては初心者というか・・心構えがなってないと思われますが、
車を降りて荷物を担いで・・徒歩でさらに移動する心意気は無く、
車でサっと行って、チャッチャと荷物下ろして、テント張り始められる所にしています。

それでもね~、現地に着いて、テントの準備できたら、夕食まで自由時間ですよ。
風を感じて、空を感じて、夕日の色に自分も染まって・・・。
鳥や虫たちのように、大地に抱かれているようで気持ちが良いですね~。

日没を見て、数時間たつとちゃんと眠くなるんですね、
時計を見たら8時代だったけど、星空眺めてるうちにウトウト・・したかったけど、
周りのキャンパーたちはドンチャン騒ぎなので眠れねー。10時くらいなのかな。

朝は、日の出と共に目覚めて(今この辺は 4時半くらいです)
朝焼けをボーっと眺めながら、キュンと冷える空気を感じながら、
サンライズを見ました・・・・そして二度寝しました(ははは。

今回のキャンプで驚いたのは、子ども達の成長ですね。
荷物を運ぶ・テントを張る・・なんて時に、自分達から手を出すようになったのには
驚きでした。重いものも持つようになりました。

可愛いから、焚き火&おなべでご飯を炊く!というのに、挑戦してもらいました。
ハジメチョロチョロ・・と言うやつです。
今は大人でも炊飯器がないとご飯が炊けない人もいらっしゃるとか?

カップが無い時の水加減の量り方。(くるぶしで水位を見るんだけど知ってる?)
強火で始めて、沸騰したら中火・・おなべの沸騰音に気をつけてこの辺から弱火・・。
蓋は、開けないのよ~、耳が大事なのよ~。
(母の特訓は厳しいんだぞ。)

さあ、蓋を開けてごらん~。

『炊けた~。』
(ご飯なんて毎日炊いてるのに。こういうことが新鮮になるからキャンプはグー

さらに美味しくするため、蒸らすこと20分。
きつね色のおこげつきのご飯が出来ました。(映像なし。)

今回は私の母(アクティブな性格)も一緒に行ったんだけど、
森の中での夕闇の中でのワインが最高に美味しい♪と感動していました。

大地に抱かれるととても(´▽`) ホッ とします。

いつまでも・・・ここにいてもいいなあ・・と思ってしまうけど、
日常に戻るのも ウヘエ!と思ってしまうけれど、
しょうがないから家に帰ろう~♪

『またおいで~。』と 空の雲が言ってたから、また行きます~。


2008.08.17 / Top↑
最近あまり読む時間もとれず、本屋に近寄る暇も無いので、
家にある本をパラパラとめくったりします。

私の頭の中は
新しい職場で憶えなくてはいけない事、
忘れてはいけない家庭の支払い、
子どもの学業の必要なものがそろっているか、
今夜のおかず何にしよ?
朝のパンはじゅうぶん用意できてるかしら?
などなど、満員電車のようであり、
何かパラパラと雑誌や本をめくっている間は 途中の駅でふと降りて
ぼーっと休憩しているような気分で良いのです。
たとえ5分でも、そういう時間てのは大事です。

本っていうのは不思議です。
読むたびに感動する所もあれば、
あれ?このへん、今まで記憶に無かったけど、こーんなにいい文章もあったわけー?
と感動することもありますね~。

(単に、前回読み飛ばして関心寄せてなかった箇所なのかもしれませんが。
いや、絶対そうだとおもう。 ナナメ読みの名人♪ですから、私。)

というわけで、私の大好きなマザー・テレサの文章を載せます。

2008.08.11 / Top↑
ある同僚と話をしていて ふと 『おーー♪』と思った話。

その人もナースなのですが、とっても勉強家。
色々な勉強会にいって いろんな話を聞いてくる。
そんな中で ある勉強会で印象に残ったと言って語ってくれた。

進化論でおなじみのダーウイン。

生き残っていく種族の特性として、

強靭な要素があるとか、個体が大きいとか、そこではなく、

いろんな状況の変化に 柔軟に対応する種族が生き残っていく。


彼の論文の一節にそのような文章があるらしい。

(あるんですか?(聞くなよ。
   理科系、ことに生物学分野にお詳しい人、応援希望。



 『おーー♪』って思いません?

何かに執着せず、絶対に!とも思わず、
そのときそのとき大事に生きる、柔らかい心で。
私たち『人』も、その柔軟に対応する力を持ってるんですよね。
2000年、生き残っていますから。

人にも十分に通じるねー。という話を展開したんです。
(こういう感じに もって行くのはナースの特性かも。
 科学分野と人間学の橋渡しをするのは私たち!
 と思っている同僚多いんですよ。)



最近、地球温暖化とか 資源高騰とか不安要素のニュースは多いけれど、
そこは 私たちにも柔軟性があるのを信じて・思い出せば、
いろんな対策は生まれるんじゃないかなー、
なんて思う私は 楽観的すぎます?

心の持ち方にも、柔軟性を持つ事って大事なんだなーと思います。
私が私でいるためにもね。 
私が私でなくなる・・というのは生き残ってることになりませんものね。

また、人類の1人として考えていかなければならないことがあるとすれば、
いろんな生き物の柔軟性を超えてしまうほどの
環境変化を作っているのが人だとしたら、

それha何とかしなければ! 

と思う位には思考も心も柔軟でいたいものです。

ありゃりゃ。この記事何を書きたいのか・・?
柔らかい心で ひとつ! 読んでくださいまし。^^

2008.08.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。