気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この春中学生になったうちの息子であるが
入学式の壇上で 校長先生が詩を読んだ。

   念ずれば
   花ひらく

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
となえるようになった
そうしてそのたび
わたしの花がふしぎと
ひとつひとつ
ひらいていった



君達の目標や夢に向かって頑張ってください。応援します。

そんな感じの挨拶だった。

おとなしそうな 真面目そうなジミな感じの校長先生で
言うこともジミだなぁ・・と思いつつ聞き入った。

でも、でも、どういうわけか その詩が頭から離れなくなり
(地味に感動してしまっていたというわけだ~☆)
この詩を頼りに 作者名を探し、その詩集を探した。
それが この本である。↓ ↓

詩集 念ずれば花ひらく詩集 念ずれば花ひらく
(1998/10)
坂村 真民

商品詳細を見る


この詩集、始まりから終わりまでやさしくて(優しい・易しいの両方)
難しいことを言ってるわけでもなく 
読み手を説得する意図も感じず
つぶやいているようでいて 静かに感動する。
すぐ忘れそうな文章であって、心に残って癒されていく
そんな不思議な詩集である。
(まるで息子の中学の校長先生(さだまさし似)のようである。)

その中の 今一番好きな詩を載せちゃいます。


   ほろびないもの

わたしのなかに
生き続けている
一本の木

わたしのなかに
咲き続けている
一輪の花

わたしのなかに
燃え続けている
一筋の火

ものみなほろびゆくもののなかで
ほろびないものを求めてゆこう
ひとそれぞれになにかがある筈だ



あら?
私の『木』ってなんだろうか??
『花』???

自分探しの時間が始まる。

時にはそんな時間もいいねぇ。
周りの雑音がそのときは聞こえてなかったよ。
(ついでに昼寝しちまったけど。。)

スポンサーサイト
2010.05.16 / Top↑
ゴールデン・ウイークは母と二人で旅行に行ってきました。
待ちきれなくてをお迎えに弘前城まで。

少し前お友達のブログで
日本人には 桜に惚れてしまうDNAがあるに違いない!
と、私は発言したのですが、
私はまちがいなく日本人でした!

春が来て 満開の桜を見ると 心が震えませんか?
なんだか、涙が出そうなくらい感動しました。


枝いっぱいに咲く誇る桜と、お城の中の赤い橋



母との旅は珍道中になるかと思えば いたって平和で
女ふたり ぺちゃくちゃおしゃべりしながら楽しい旅になりました。

弘前と言えば 岩木山も近い、
是非近くまで行って『帰って来いよ』(古い?)を唄わなければ~!と、
バスを乗り継いだり、

津軽三味線の演奏を聴きに行こうと、
弘前の夜の街へ2晩繰り出して 一晩ずつ別のお店に行ったのに、
何故か毎回 同じお兄さんの演奏者にあたって、
(民謡・三味線ダイニングの演奏者は人材派遣的?)
『どうしよう、あのお兄さんの”おっかけ”と思われたら?』と
母が心配したり。

活気付いた弘前市は楽しさ満載。
実家が遠いので母とゆっくり過ごせるのは久し振りでしたが
とても楽しい旅になりました。

私の住む地域では 来週くらいにお花見できるかな~。
1年に何度もお花見できるとは ラッキーですね。
ジンギスカンのコンロを点検しておかないと。

2010.05.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。