気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もうお読みになりましたか??

春頃に新聞の広告で 『手塚治虫文化賞』に選ばれたと本の広告欄に載っていて
そのうちに買いに行きましょう~などと考えていたら、
娘がいつの間にか入手していて 『お母さん、これイケるよー。』と見せてくれました。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


食い入るように読み、何度も読み返しましたが、面白いです。

大まかなあらすじとしては、
まじめで謙虚な浴場設計技師ルシウス・モデトゥスが、
紀元2世紀のローマと現代日本の風呂の間を度々タイムスリップするという話。

一話目は、普通の銭湯(大浴槽の背景に富士山の絵があるような。)
二話目は、温泉。
三話目は、普通の家庭の風呂。

ルシウスの暮らしている紀元前2世紀のローマでは 
今の日本の銭湯のような公衆浴場があったのですね。
体の衛生の為であり、そしてコミュニケーションの場であったり、癒しの場であったり。
そんな古き良き時代のローマ人の生活も垣間見られて楽しい。

ルシウスの設計するお風呂はもう人々に飽きられてしまい失業。
それでも、浴場設計士の情熱はくすぶっており苦悩し、
苦悩のはてに与えられたのはタイム・スリップする能力なのです。
それも、お風呂限定!! しかも、日本のいろいろなお風呂!(笑

突然浴室に現れたローマ人顔のルシウスにたいする
人情深い日本人のオジチャンたちの接し方が素敵ですーー。

そして、ルシウスの脳内で繰り広げられる困惑と感動が
大真面目すぎて笑わずに居られないのですーー。

私は、物語の中で シャンプーハットを使用して洗髪するジーちゃんを見たルシウスが、
『冠!!!、この者は 首族の王なのか??』と、
ぶったまげるのが 大ヒットで、何度もここで笑いました。

真面目すぎるルシウスの笑える思考と 天才的な技術!
(といっても、タイムスリップ しつつ日本のお風呂技術をパクっているんですがね。)

おすすめですー。




スポンサーサイト
2010.10.23 / Top↑
娘と久し振りに 映画を見に行った。

『君に届け』である。

そうそう、三浦春馬クンがでている青春モノ♪

原作が少女マンガで、上映前のテレビCMからしても、
「これはきっと 思いっきり 少女マンガチックだぞ~。」と思っていた。

だ が 、しかし!

見終わったら やたらめったら気持ちがスッキリした。

映画を見る前に 「少女マンガチックだぞ~。」と警戒していたのは
いわゆる 涙と汗・情熱といったものにまみれた 「くささ」であった。
なぜ、警戒してるんだろう、私は。

ハタと気がつくものがある。

私は 「くささ」 から 出来るだけ離れていたいと思ってはいないだろうか。
ことに 涙から遠ざかろうと無意識にしてはいないだろうか。
前々回の記事でも 喜怒哀楽に触れてあり、
プレジャーな面だけの日常を望んでいると表現した。

どれだけ 落ち着いた素振りで、周りに期待された役割に自分の姿をできるだけ近づけて
悟ったような表情で大人しく暮らしても、
気持ちの沈む日も、喜びを感じる日も 同じように廻っている気がする。

涙と汗・情熱といったものにまみれた 「くささ」を また 自分に取り戻したい。
なんか、そう思ってしまった。
映画のスクリーンのなかで、制服を着て 仲間・友情・恋に向かって
思いっきり涙・汗をまき散らして駆けずり回る高校生の人たちを見てたら・・。

私の中で 「青春」の部分が 返り咲きしたいと呼んでいるんだねぇ。

それにしても、我ながらよくやった!

日常がいろいろとマンネリ化しつつあり、ブログのネタにも事欠く有様。
今までの自分に無い行動を、少しだけ、日々に投入することによって
いろんな結果を楽しめるようになるのかも知れない。

こういう”乱数”を投入するとサイクルが変化するかも?的な行動も
面白いチャレンジなのかもなー♪
2010.10.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。