気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
『聴く』という漢字は みみへんに十四の心

さてどんな心??? 

そんな風に考えてみた人が何人もいらっしゃるのね。

さすが 謎かけや小噺といった言葉遊びが好きな日本人。

私がいいなぁと思ったのを載せておきます。

ひとつのパターン

(01)受容する心
(02)共感する心
(03)好意的な心
(04)興味を示す心
(05)肯定する心
(06)優しい心
(07)理解する心
(08)ゆったりした心
(09)誠実な心
(10)先入観のない心
(11)明るい心
(12)公平な心
(13)信頼の心
(14)感謝の心


もうひとつのパターン

(01)感謝する心で聴く。
(02)温かな心で聴く。
(03)新しい心で聴く。
(04)愛しい心で聴く。
(05)嬉しい心で聴く。
(06)清らかな心で聴く。
(07)共感する心で聴く。
(08)素直な心で聴く。
(09)楽しい心で聴く。
(10)平等な心で聴く。
(11)広い心で聴く。
(12)真心で聴く。
(13)優しい心で聴く。
(14)冷静な心で聴く。  

この文章をお友達に教えてもらったのは 2ヶ月くらい前でした。
こういった心持でいろんな人の言葉を聴けるようになりたいですね。

情報を聞くときもそうだと思います。

今までもそうだったのだけれど、この先いろんな情報が飛び交うでしょう。
それに惑わされない自分でいるためにも。





スポンサーサイト
2011.03.31 / Top↑
ご自身・御身内が地震の影響で大変な生活の中にいる方も多くいる中、
ブログの記事を書いていてすみません。(汗。

たぶん昼のワイドショーやニュースを見続けていると
あれが危ない・これが危ないとたくさんの情報があふれているのでしょうね。
仕事をしているのでゆっくり見れませんが。

仕事を終えて夕食の準備のためスーパーに寄ると
ありゃリャリャ・・と言うくらい驚く日がありました。

ある日は ある棚がスッカラカンとか?
またある日は 産地によって野菜がスッカラカンか、山積みのままかどちらか。^^
今はある都市の水道水から体内に取り込みたくない物質が検出されて
安全なお水の確保。。

だけど、よーく考えれば風も水(川や海)も地球全体で結局つながっていて
ある一箇所にだけとどまるものではないから、
安全だと思っていい場所なんて無いのかもしれませんね。

なんとなくですが、主人話していました。
『自分たちの生まれた時代くらいの生活に戻るかもねぇ。』

バブル的思考も終焉にしないとね。

 私は、じぶん達で何か工夫をして
『もう、原子力発電所は、いらないんじゃないですかー?』と、言いたい願望があります。
 石油も価格が不安定になってきたし、家の暖房も薪を利用することも考えようかな。
(お友達ブログで先輩もいることですし。)

どんな田舎娘と思われてぜんぜんかまわないけど、私が小学校の三年生頃の記憶では、
勉強しなさいと言われるよりは 家のことを手伝いなさいと言われた方が多かったな。
だから、そのくらいの時期には お風呂を沸かすための薪を炊く術を知ってましたよ。

現代ならそんな子供に、火に触れさせないかもしれないけど、
ご近所のお友達とかもそんな感じだった。
ストーブも、灯油や電気が主流になる前は、薪や石炭で家を暖めていた。家も多かった。
親が仕事で昼に家にいないことだってあったから、最低限だったかもしてないけど、
世話の焼けるストーブとそれなりにお付き合いしていたよなぁ。
家族の一員として当たり前だと思ってたしね。(火遊び好きだったのかも。)

そんなことを考えながら、石油ストーブを見つめています。
『ここに薪ストーブ(ペレット使うかも)がくるかも』なんて妄想しつつ・・。

暖房もそうだけど、食や水に対する認識とか理解したり工夫したりと、
生活全般への思考の変革はしていかなければねー。
あとは、国の経済が・・・低迷していくかなー・・・と。
東北の復興が 長期戦になることが予想される今は覚悟しないとなぁ。
痛みは共有することになるよね。日本人だからそれでかまわないぞ。

いままでの価値観を捨てて新たにしていかないと、 
パニックしたり 自分の中で増えていく不安に負けてしまうね。

いろんな人が知恵を出し合い、工夫を見つければきっと一歩一歩進んでいけますよね。

私は日本を逃げ出さないで生きいきますよ。大好きだから。
2011.03.26 / Top↑
3月11日を迎えてから、
TVを食い入るように見ながら・・・

これは現実なのか? 夢じゃないのか?

そんな思いに駆られます。

だめ だめ。

少し気合を入れて現実に戻ります。
だって 被災者の方々は この現実に立ち向かわざるを得ないんです。

地震で被害にあった、東北の各地の海岸線。
友達や親戚などがいて、美しくてのんびりしていて大好きで
いろいろな場所に遊びに行きました。
今は そこが泥と瓦礫の風景に。

そして、今順番に停電に耐えている地域には多くの友人が。

みんなはきっと大丈夫。
少しでも明るい話題を添えてきっと頑張ってるだろう。

被災者の人たちに出来うることを見つけたら、
自分の力の中でそれをします。 うん。

さっき北海道のニュースを見ていたら、
高橋知事が 住居を失った人がきたら住めるように
公営住宅の空き部屋の整備をしていると言っていた。
晴美さん、大好き!!って思いました。


生きているだけで 丸儲けなんだ。。。

普通の生活が出来ているのは幸せな奇跡の連続なんだ。

身にしみて感じるのが、今頃だなんて。。。

それじゃあ遅かった。
なーんて そんな人生にしたくない!!
これからだ。きっとそうだ。

私も日々たんたんと頑張りましょう。
今回の被害を受けなかった私たちは、
たんたんと仕事をして、納税するです!!
2011.03.15 / Top↑
東北や北関東の方が大変なことになってます。

十勝も結構ゆれましたが、震度は3くらいだったみたいです。
ピンピンですので~。

皆様はご無事ですか??


 * * 3月13日追記 * *

TVの報道で今回の地震の被害の大きさや
いろいろな町に残された爪あとを知るに至り、
言葉に尽くせぬ想いを抱いています。
ご家族の心配をされている方々も その思いが自分のことのように胸が詰まります。

レスキューを待っている方々に その手が届きますように。

この惨事の中大きな暴動が起こらず、落ち着いた行動の出来る日本人に
畏敬を感じるとアメリカの新聞がいっていたそうです。
避難行動の中 身近にいる人同士で助け合ったり・声掛け合ったり、
そういうこともあったようです。

私も自分に出来ることさせていただきます。

同じ国に生まれて生きていること、同じ星に同じ時代に生きていること。
会うことや知り合うことが無くとも つながっていることを感じて。 

2011.03.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。