気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
レンタルも安く借りられるし、映画も沢山見てみようと思っています。

本を読める暇があればそれが一番いいけれど、
映画はポイント抑えてくれていてわかり安くてよろし。(^^)
手軽な疑似体験ですからネ。
私は感情移入しやすいんで、映画一本で他の人の人生を体験したような錯覚になれる人なのです。

今年に入って最初に見たのは、
『マザーテレサ』です。
公開は7年位前に終わっている古い作品なのですが、レンタルDVD でみました。
私はマザーの追っかけでして、ほとんど彼女に関する書物は読んだと思います。
”優しさ”とか”強さ”っていうのはこういうものなんだよって生き様が大好きなんです。

あ、映画の話に戻ります。
マザーは”路上で飢えながら見捨てられて死んでいくインドの老人の姿”を見つめながら、
この人たちのために働く事が 神のために働く事だという、
インスピレーションをチャッチします。
修道院はカトリックの教師である彼女を引き止めるのですが、自主勘当をして
「死を待つ人々の家」の家の建設をはじめインドを中心に貧民・孤児への援助をしていく・・・といった内容です。

引き止められても、拒絶されても 信念と機転で立ち向かっていく様子は、
勇ましくもありチャーミングにも見えるステキな人物像に描かれています。
マザーをオリビア・ハッセーが演じているんですが、”人間美”なんですよね。
本人が乗り移っていると思ったほどです。

1週間借りている間、5回くらい見ました。
冬休みも利用して(^^)
息子にも”また、マザーテレサ?”っていわれるほどでした。
またスキをみて借りますヨ~。

おすすめの映画があったら、ご紹介ください。
(怖いのはだめです。見たあとにほんわり系でお願いします。)
期待したけれど、怖くて駄目だったなァという感じの
『硫黄島からの手紙(日本編)』のお話は次回にします。
古い映画の話でスミマセン。 

2007.01.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/10-c6a8c8ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。