気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ati3.jpg

タウシュベツ川橋梁


こういうものを見ると、モ~~ たまらない。
人間に生まれてよかったかも!って正直思います。
だって、こういうものを創ってしまう人々と同じ種類の生物だってことでしょう?

この橋が生まれたのは、大正14年だそうです。
チャップリンの『黄金狂時代』が発表されて、
金大中サン、三島由紀夫サンが生まれているこの年に完成し、
この上を蒸気機関車が走ったそうです。
林業の木材を輸送するための路線だったようです。

1988年に廃線になってそれ以来使われなくなり、
手入れもされずひっそり・・・・風化され・湖面の↑↓で沈んだり現れたり。

でも、この姿を見てください!!!

ギリシャとかの遺跡に負けてない・・と思いません?

この橋を作るため英知を搾り出した人、建設に汗水流した人、
この橋を利用した産業があり、この橋と生活を共にした人もいるでしょうし、
夢や希望とともに、青空と湖に溶け込んでしまいそうな
美しいこの橋を愛した人もいるでしょう。
そんな過去の人々の息使いも伝わって来る気がします。

☆関連資料も良かったらどうぞ。→NPOひがし大雪アーチ橋友の会

橋が利用されなくなってからも、
懐かしんで見に訪れ続けた人もいたのでしょうが、
いまはその神秘な魅力・美しさへのファンが大勢います。

ati2.jpg
上の写真の反対側から。・・ぼろぼろ?


私はどの時代でも『人として生きた』って人はいたと思います。
現代の人が一番、すごいわけでも・偉いわけでも・賢いわけでも
ないと思っています。
縄文式土器とか、高床式倉庫とか、ピラミッドとか(行ったことないけど)
そういうものを作り出した人だってすごいと思います。

きっと今の私達のように、
未来が今よりちょっとだけでも快適になるように・・とか、
育てている子供達が少しでも心地よく生きられるように・・という、
前を向いている人の心が行動になりこういう文化や文明になったんじゃないかなー
・・なんて思うわけデス。

ati4.jpg

遠くからの眺め


私の心は前を向いているかなー。

2007.08.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/103-30b559c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。