気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
『硫黄島からの手紙』の紹介サイト(ワーナー・シネマ)

-Story-
太平洋戦争の末期、硫黄島では日米の戦闘が開始されようとしていた。
その頃、新しい指揮官、栗林忠道が降り立った。
日本の情勢も悪化し硫黄島への援軍も無く、食料・水も底をついていくような中、
日本兵達は家族達への届かぬかもしれない手紙を書き、
つかの間の癒しを得ながら国を守るために必死で戦う。
戦死が名誉とされていた中、彼は兵士達に生きて国に帰ることを命じる・・・。 

-感想-
え~、栗林忠道さん役の渡辺謙さんよりかは、二宮君が主役のような錯覚でずっと見てました。
なんだかツボにはまった役なんで、それに一般庶民の経験した戦争っていう感じなんですよね。
軍隊の学校卒業したり、ある程度の地位にあったりするといえないようなことをつぶやくのでね。
でも彼は、国に残していた妻と出征してから生まれた娘に会いたいという望みをもち続けるんですよ。
あ、一般兵役の二宮君視点で語ってしまいました。

栗林忠道さん役の渡辺謙さん視点の話。
彼は戦争前は割りと国際的に活動していた人でありまして、
頭の中と心の偏りが無い人でもありました。
お国の・日本軍の恥をさらすくらいなら
『天皇陛下バンザイ~』と自ら死んだ方がマシだ
どろどろ~って感じの空気の中で
彼は違っていたんです。
違っているから映画になるんですもんね。

兵隊一人ひとりにそれぞれの人生がある、思う相手がいる、そして誰かに思われている。
戦争に対しても、いろんな思いがあった。でもそれを語ること、行う事は許されなかった。
そういうのって切ないですね。

それでもですね、私が思うに
ちょっと年齢制限をしたほうがいいんじゃない?
って思うようなシーンもあったので、
自決シーンとかピストルとか血とか結構出てきましたから。

結構記録映画っぽく淡々とした描写映画な感じでもありましたので、
全体的には後味が苦い作品ですネ。

でも、戦争のなか犠牲になった方々も私達の先駆者です。
彼らの生きた足跡から学ぶ事を学んで・・・歩んで行こうと思いました。
「父親たちの星条旗」をまだ見ていないので、ツ○ヤにでも出てきたら
レンタルで見ようっと。  
2007.01.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/11-982362be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。