気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ある同僚と話をしていて ふと 『おーー♪』と思った話。

その人もナースなのですが、とっても勉強家。
色々な勉強会にいって いろんな話を聞いてくる。
そんな中で ある勉強会で印象に残ったと言って語ってくれた。

進化論でおなじみのダーウイン。

生き残っていく種族の特性として、

強靭な要素があるとか、個体が大きいとか、そこではなく、

いろんな状況の変化に 柔軟に対応する種族が生き残っていく。


彼の論文の一節にそのような文章があるらしい。

(あるんですか?(聞くなよ。
   理科系、ことに生物学分野にお詳しい人、応援希望。



 『おーー♪』って思いません?

何かに執着せず、絶対に!とも思わず、
そのときそのとき大事に生きる、柔らかい心で。
私たち『人』も、その柔軟に対応する力を持ってるんですよね。
2000年、生き残っていますから。

人にも十分に通じるねー。という話を展開したんです。
(こういう感じに もって行くのはナースの特性かも。
 科学分野と人間学の橋渡しをするのは私たち!
 と思っている同僚多いんですよ。)



最近、地球温暖化とか 資源高騰とか不安要素のニュースは多いけれど、
そこは 私たちにも柔軟性があるのを信じて・思い出せば、
いろんな対策は生まれるんじゃないかなー、
なんて思う私は 楽観的すぎます?

心の持ち方にも、柔軟性を持つ事って大事なんだなーと思います。
私が私でいるためにもね。 
私が私でなくなる・・というのは生き残ってることになりませんものね。

また、人類の1人として考えていかなければならないことがあるとすれば、
いろんな生き物の柔軟性を超えてしまうほどの
環境変化を作っているのが人だとしたら、

それha何とかしなければ! 

と思う位には思考も心も柔軟でいたいものです。

ありゃりゃ。この記事何を書きたいのか・・?
柔らかい心で ひとつ! 読んでくださいまし。^^

2008.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/193-425bdb93
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。