気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
しみじみ思ってしまったよー、私と夫はマイペースなんだー。
ちなみに二人ともB型である。
なので、B型にまつわる多数の本が売られていても我が家には必要なし。
あの本がどれだけ的を得ているのかは知らないけど、
B型人間のモットーはオリジナリティな発想とオリジナリティーな行動
説明書のように本で語られても、さらにB型らしいオリジナリティを求めて進化するだろう。
まー、B型論はこれくらいにして。

我が家のテレビは今年17歳を迎えた。
このテレビは私たちが結婚し、新居の準備のとき、
どちらもちっこいTVしかなくて その近所の電気屋で奮発したパナソニック。
その当時では新型であった。
それまでが ちっこいTVだったから、たいそう立派に見え、
『素敵なテレビ~♪』と二人とも思ってしまった。
それからこのテレビは私たち家族とともに在った。
神棚よりも・・私たちを見守ってくれている・・様な気がしてならない。
お友達の家に遊びに行き、『最近はワイド画面のテレビが流行ってるのかなー。』と思っても、
地デジの時代が来る・・あと3年!!と脅しをかけられても、
私たちはこのテレビを愛している。
子ども達でさえ、Wでゲームがしたいのになーと言っていても、
このじーさんテレビの老体に鞭打つ冷や水になるだろうと・・言い出さない。
そんなわけで我が家のテレビは映像と音声で情報を伝える機器というだけでなく、
夫婦にとっては見守ってくれる神のようなカリスマ性を持ち合わせ、
子ども達には 老人福祉を学ばせてくれてくれている家族のようなものなのである。

最近主人の実家を訪れて最新の地デジテレビを見せてもらったら、
あまりの画像の鮮明さに くらくらと映像酔いしそうであった。
そんなとき、我が家の17歳テレビが老いていることをしみじみ感じる・・。

・・・・・私たち家族はそんな感じだったのに・・である。

私の実家の母が黙っちゃいなかった!

いつまで、そのテレビで生活するつもりなのか!と、一肌脱いだのである。
突然、地デジ対応テレビを買ってくれたのである。
私の家計のやりくりがヘタクソで テレビのお金の都合さえつけられない・・
そんなふがいない娘をかばおうと 立ち上がったのである。

えー!

タナボタ!! GET!

そして私たち夫婦は子ども達の寝静まった後に語り合うのであった。
私たちがこれでいいよね・・と思っていたテレビ。
老朽化もともに生きている証と 愛しているものでも・・。

私や主人の実家の家族がとまりに来るたびに、
悪い画質で・・ワイド画面じゃないテレビをみるのは・・良くないんだったのねー。

そういえば、チャンネルによっては セピア色か?と思うときがあるっけ・・最近。(えー。
スイッチ押してから 画面が出てくるまで 1分くらいかかる冬の朝。(えー。

テレビの買い替え時期って、私たち夫婦には 
スイッチおしても反応がなくなった時だったよ??(えー。

そんなわけでタナボタと反省の週末なのでした。
きっと他の件でも、私たち夫婦は 実家の親とかに『??』と思われていることがあるんかいなー。

それでも我が家は だいたい平和なんですが。^^


2008.10.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/209-60c9e559
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。