気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
宇宙飛行士になれなくても人はいつでも宇宙を旅行できる。

私のとっての読書は宇宙旅行に匹敵する。

プラプラーーっと 書店を歩き回る。
この書店はポイントカードを発行していて 前回ポイントが溜まって
1000円の商品券に変わった。(この書店でのみ有効。)

B型な私は 世間で絶賛されてる 評判になってる本は
立ち読みで斜め読みで済ませ、
惚れた書物だけに お金を払うのだ~☆^^

今回惚れたのがこの本。

食堂かたつむり食堂かたつむり
(2008/01)
小川 糸

商品詳細を見る


だってー、宣伝文のある帯に、

『・・・素敵な物語でした。』 草野マサムネ(スピッツ)

とか、

『・・コレからは大きな声で「いただきます」といいたい。』 岡野昭仁(ポルノグラフィティ)

なんて あるから~ (ただの ミーハー)

買った動機的にはこんなもんですが(^^)  一気に読みましたー。
なんとも言えず スッキリした味わいでした。

タイトルからすでに想像つくでしょうが、主人公は料理人(女性)で。
食べるお客である相手に対する配慮であったり願いであったり、
いわゆる 『愛』をですね、 食材と調味料で表現してしまうのです。

そういうわけで 彼女のお料理は『願いがかなう』という評判になっていきます。
彼女の周りの人々、動物達、風景も お料理といっしょに味わえましたよー。
そして、とっても優しい気持ちになりました。

最近私は気難しい本を好む傾向が続きました。

思わずタダで本をゲットできる喜びで 
今までと全然違う動機で手にしたこの本でしたが。

そのチャレンジに対するご褒美のような素晴らしき出逢いでした♡

喜びの心で、今までに無かった思考・行動パターンを気楽に試す。
これは いいかもしれませんね!

また 試してみようっと。


2009.01.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/223-7b318711
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。