気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


どうぞご覧ください。
北海道の冬はアウト・ドア派だけの楽しみの場所ではないぞ。
こーんなロマンティックな風景を見ることもできます。

これは 彩凛詩(さいりんか)という期間限定のイベントです。

ひろーい、雪の原にあんどんくんを多数設置して 夜になると光のショーをくりひろげます。
ほっそりしたテント型のライトくんたちが なんだか人のように思えてきて
一人ひとりその場所で役割を担っていてなんとなく可愛く思えてきます。
実際あんどんくんに近づくと自分の背丈くらいですからね。

中央にそびえたつのがシンボルタワーで、5.4メートルもあるんですね。

ピカ! ピカ! 
sairinnka2009a.jpg


オヒョ ヒョ♪

音楽に合わせて リズムに合わせて 光の色が入れ替わります。

こういう 色遊び的なものって 楽しいですよね。

リベラの歌声のバックミュージックに合わせて
『人の心の中の”おごり”を見つめよう。』とか
自然との共存の道を探そうとか
昨年、洞爺湖サミットがあって エコ・スピリットの高まった
北海道らしいナレーションが流れていきます。

sairinnka2009b.jpg


どうです?
どんな光のいろも素敵ですよねー♪可愛らしいし 綺麗。

それでも、私は最後の写真のように 
いろんな色の光、いろんな光の形がたくさん集まった様子に
安らぎを感じる気がするんですよね。

あんどんくんたちが 誇らしげに見えます。
なんだかそのあんどんくんたちに
『私も頑張ってまっせ!』って心の中で叫ぶ私がいたりして。

いまだに 物であろうと 動物であろうと
語りかけようとする『私らしさ』が炸裂いたしました!!笑!

私もあんどんくんのひとつのようなモンかも知れませんが、
でもでも、時々、とーーーきどーーーき・・キラ!!ってときもあんじゃない?
あったら いーなー。 

素晴らしいひと時だったわ。車のサーモはマイナス7度をさしてましたが。
無料配布のホット・ミルクは 『もう品切れデース』って明るく言われましたが。
息子は 光のショーを横目に タイヤチューブで滑り台三昧してました。
2009.02.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/228-673dcecd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。