気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

今週末は 娘の卒業式がありました。
例のママ友友達大集合!!

えー?なんだっけ、それ?と言う方は →『つながり』

ああ、幾人かはここまでの付き合い・・・ではないんですよ!

ママ友の効能はこの先にあります。
高校生を持つ親になると ママ友のパートにでる確率が急上昇します。
ママ友たちが地域に分散します。(配置につく?(笑
そういうのって 子供を見守ってくれてるんですよ。

ブティックにパートに出てるお母さんが 繁華街をうろつく
子供の同級生に声をかけてくれたり、
マクドナルドで頑張ってる人が 毎日朝マックする娘の同級生を
不思議に見つめて声をかけたり・・・あるんですって。

公園デビュー嫌がったり 地域のお付き合いウザいと思うこともあったけど
一緒に盛り上がったり・一緒に泣いたりした大事な仲間のママ友さんたち♪
これからもヨロシクー。前置きが長くなりました。

卒業式に話を戻します。
今年・・ですからねー、式の中での来賓の方々の言葉のテーマが
『不屈の精神』だったり、『忍耐』だったり・・・。

その中で校長先生の言葉が素晴らしかった。
やはり、若者を導いて導いて生きてきた人なんですねー。

『念ずれば花開く』という詩をを紹介してくれました。

【 念ずれば花開く 】
 

念ずれば

花ひらく

 

苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしもいつのころからか

となえるようになった

そうしてそのたび

わたしの花がふしぎと

ひとつひとつ

ひらいていった

詩 坂村真民(1909年1月6日 - 2006年12月11日) 

何ごとも、
一所懸命念ずるように
努力すれば
自ずから
道は開けるということである。

(詩集の中の 彼自身のあとがき)


念じるっていうのは『願う』 『祈る』 『目標をもつ』ってこと。
そして、行動・努力がその後からついてくる。

かつて私ってのは 
『努力する』というのは短期目標設定で ガガガ!っと
それに向かって汗水たらさにゃならん!って思ってました。

むっちゃ、目に見える結果を求めていて、
ようするに、褒められるだったりー、収入UPだったりー、
待遇UPだったりー、ラジバンダリー・・・(知らない人は無視してください。

でも今は この前の記事『手紙 再び』のように
いろんな出来事であって いろんな成長をしてきた自分を感じると
ブンブン行動的なときもあるし、『動きたくないこと山の如し!』な日もあるけど
生きているならば、あきらめない精神があり、努力の日々をすごした!
そう認めていいと思うんです。ゆるゆるで全然OKですねー。

娘が中学卒業するのを眺めていたら、ふと そう思えましたねー。

詩を知り、詩人の名を一人憶えたついでに検索したら
坂村真民って人はたくさん詩集を出されていて、どれもよさげ。
もうひとつ、詩を見つけました。


 【 一人でもいい 】
 
一人でもいい
わたしの詩を読んで
生きる力を得て下さったら
涙をふいて
立ちあがって下さったら
きのうまでの闇を
光にして下さったら

一人でもいい
わたしの詩集をふところにして
貧しいもの
罪あるもの
捨てられたもの
そういう人たちのため
愛の手をさしのべて下さったら



さあ、明日書店で この方の詩集を探しましょうっと。

ダライ・ラマさんのときのように
『んまー 響さんたら 今頃?この方の詩集の2冊や3冊 みんな読んでるのよー。』
と・・・思われてませんように~。



2009.03.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/234-c38af04b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。