気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと書けそうな気分になりました。
連休中、なんだかマリーに会っておきたくなって実家に行ってきました。

マリーは7月に会ったときより、さらに老いていました。
人でいえば 寝たきりなんだろうな。
食べ物は母が口もとに運んでやってました。
トイレも母が介助していました。
そそうすると 申し訳無さそうにシュンとしてました。
だっこすると、気持ち良さそうにひざに寝転がっていました。
喉が渇くと クンクンとないて水を欲しがりました。

やたら 水を欲しがるなーとその日は思ってました。
その夜の未明、マリーは旅立ちました。

母がマリーの泣き声とも付かぬ声を聞いて、
名前を呼ぶとクーン・・と声を出し、意識が無くなったそうです。
母がマリーを呼ぶ声に たまたま実家にいた私も呼ばれ
妹と3人で見送りました。心臓の鼓動がなくなるまで。

心・・というか、魂というか
そういう交流に 人と動物の隔たりって ないですね。

マリーと交流して 家族がマリーに与えたこともあったでしょうが、
私たちがマリーに与えてもらったことの方が大きい気がするんです。

マリーはフワフワの白い犬だったから、
毎日 空の どれかの雲がマリーに見えます。

老いぼれの身体から開放されたマリーが
そらを駆け巡ってるんだと思います。

また会おうね!マリー。








 
12歳くらいの頃のマリー

2009.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/257-6353c765
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。