気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
もうお読みになりましたか??

春頃に新聞の広告で 『手塚治虫文化賞』に選ばれたと本の広告欄に載っていて
そのうちに買いに行きましょう~などと考えていたら、
娘がいつの間にか入手していて 『お母さん、これイケるよー。』と見せてくれました。

テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
(2009/11/26)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る


食い入るように読み、何度も読み返しましたが、面白いです。

大まかなあらすじとしては、
まじめで謙虚な浴場設計技師ルシウス・モデトゥスが、
紀元2世紀のローマと現代日本の風呂の間を度々タイムスリップするという話。

一話目は、普通の銭湯(大浴槽の背景に富士山の絵があるような。)
二話目は、温泉。
三話目は、普通の家庭の風呂。

ルシウスの暮らしている紀元前2世紀のローマでは 
今の日本の銭湯のような公衆浴場があったのですね。
体の衛生の為であり、そしてコミュニケーションの場であったり、癒しの場であったり。
そんな古き良き時代のローマ人の生活も垣間見られて楽しい。

ルシウスの設計するお風呂はもう人々に飽きられてしまい失業。
それでも、浴場設計士の情熱はくすぶっており苦悩し、
苦悩のはてに与えられたのはタイム・スリップする能力なのです。
それも、お風呂限定!! しかも、日本のいろいろなお風呂!(笑

突然浴室に現れたローマ人顔のルシウスにたいする
人情深い日本人のオジチャンたちの接し方が素敵ですーー。

そして、ルシウスの脳内で繰り広げられる困惑と感動が
大真面目すぎて笑わずに居られないのですーー。

私は、物語の中で シャンプーハットを使用して洗髪するジーちゃんを見たルシウスが、
『冠!!!、この者は 首族の王なのか??』と、
ぶったまげるのが 大ヒットで、何度もここで笑いました。

真面目すぎるルシウスの笑える思考と 天才的な技術!
(といっても、タイムスリップ しつつ日本のお風呂技術をパクっているんですがね。)

おすすめですー。




2010.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/284-fc84823d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。