気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
実は私は『いい絵本だ』と思うと、買わずにはいられない時期があったため、ほかのいろんなお母さんからの情報を得たり、
福音館の月極購読とか、本屋うろつきとかで結構な冊数を所持してます。
フリマでも結構見つかるし、資源ごみの日とかも狙い目~(オイ。
その中で、我が家で一番人気がこの本。




福音館は結構頑張っている出版社ですが、
幼児向に”こどものとも”と”かがくのとも”のシリーズがあり
私は”かがくのとも”の面白さは格別だと思っています。
興味深い切り口で 子供を科学の世界へ導くんですよ~。

この本は、語り口といい、絵柄といい、
大人が上から子供に何かいってくるイヤラシさ
これっぽっちもなしに、

君たちのおへそはお母さんとつながっていた証拠だよ。
あたりからはじまって、人の命は母親の胎内がスタートであり、
その中で自分達がどんな生活をしていたのかを
親しみ深く語られています。

小さい子供は、おかあさんとつながっていたということを何よりも喜ぶんですよね。
お母さんのおひざの上で この絵本を読み聞かせられることで
心もつながっていく感じもたまりません。

私達以外の親子にもこのシリーズは大ウケです。
動物の事、植物など不思議だね。からはじまって 一冊の中で旅ができるような面白さです。

大人の人も 読んでいいと思います。
最近の子供向けの本は大人でも グッとくる物が結構ありますよ~。
2007.03.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/43-ce82caab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。