気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
154.png

私が描いたドラえもんです。
著作権とかに引っ掛からない微妙な仕上がり。


昨日は久々に映画館に足を向けました。
ドラえもんの映画。
映画ドラえもん 公式サイト 『のび太の新魔界大冒険』

春休みは毎年行ってます。
今年は子供のほうから言い出さないので、
『お!卒業したんだね?』
とおもって、同僚に
『4年生にもなるから、ドラえもん卒業したのかな~笑。今年は行かなくて良さそうだよ~。』
なーんて、自慢(ちっさいね)していたら、
中2の娘の方が言い出しました。
息子『お母さん忙しそうだから!時間が出来たら”行こう”ってくれるし、待てないのか?』
フォローされてるよ・・てなわけで、レッツゴー!

親子ってのは、時々頭の中シンクロしますから、気をつけないといけませんね。
ドラえもんを卒業させたければ、私の脳裏からも追い出さなければ!
ま、いいですけどネ。だって面白いもん!
それにドラえもんの映画に行くと、もれなくおもちゃくれるんで!

・・・前置きが長いのはお許しを。
本題の映画の感想をば。
まだまだ、ネタバレ禁止期間だと思うので、
ストーリーの細かい部分は割愛しつつ。

おととしになりますかね、ドラえもんが30周年迎えて、
声優さんが総入れ替えしましたよね。
そのあたりから 映画のドラえもんも絵がとても美しくなっていて、
背景や演出も凝ってきてるんですよね、
なのでTVとは一味違った美しい映像なんですよ。
音楽・音響も映画館いっぱい使って迫力満点です。

ドラえもんは『ノビタの机の引き出し』があるので、
バック・トウ・ザ・フユーチャーみたいなストーリー作りは毎回の事ですが、
今回は今までで一番いい効果出ている感じがしました。

のびたもここでは、
普段自分がそうだからなんだと思うが
寂しい・悲しい・くやしい人の心をくみ取り、
そうっと寄り添ってあげよう・・みたいな意志を順主人公に向けるシーンでは 
観客でパーセンテージの高い小学生にぜひぜひ何かを感じて欲しいですね。

スネオ・シズカちゃんはいつもながらな感じですが、
映画の中では、何故か、毎回、
ジャイアンのかっこよさが数倍にアップするんですよね~!
スタッフの中にジャイアン寄りの人が絶対いるんですよ!


ドラえもんは私の子供の時にはもう人気者でした。
アンパンマン・ポケモンとは別格です。
のびたクンの生き方を見つめ、考え、
自分の人生にフイードバックしたということも
あるのではないでしょうか。

ん・・?

ドラえもんを卒業できないのは私じゃん!?

しかも、ん十年モノ。
2007.04.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://freewindblog.blog88.fc2.com/tb.php/54-a36380f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。