気まぐれに更新。 日々の思い、出来事などを書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
去年の今頃でたクリスハートさんのアルバム。

レンタルCD屋さんうろうろしていたら、ようやく見つけました。

声がストリングスの楽器のように繊細な響きでとても癒されるし、

言葉の意味を彼が理解していて…優しさをこめて伝えてくれている…

まさしく ”ことだま”。


Heart SongHeart Song
(2013/06/05)
クリス・ハート

商品詳細を見る


このかた、関ジャニの仕分けの番組でも 歌声を披露しているし、

「のどじまんザ!ワールド」でもご活躍でしたよね。

まつ毛の長いぽっちゃりな…赤ちゃんみたいな雰囲気も素敵な感じです。

どんどん、楽曲提供者が現れて POPな曲も歌ってほしい!!


クリスさん! 北海道にも来てくださいよ! ぜひ!
2014.04.13 / Top↑
ソチ・オリンピックも終盤ですね。

北海道からはスピード・スケートで出ている方々もいて、

この地域も応援幕が飾ってあったりで、盛り上がっています。


スポーツ選手って、いいですよね。

尊敬します。


私は、

スケート靴を履けば生まれたての仔馬のような状態だし…

スキー山の上に立てば、泣き出したいほど恐怖だし…

だからこそ、冬のオリンピックの選手たちを 雲の上の人のように感じます。

すごいと思います!


真央ちゃんのフリーの演技の後は、…というか途中から涙ぐんでいました。

不謹慎な表現かもしれませんが、

”人生、七転び八起き”を体現した! という感じ。

世界の人に、『あなたの笑顔が見たい!』と応援されるなんて、

同じ国の女性として尊敬します。


外見はお姫様なのに、まさしく、サムライ!

私たち昭和世代の『汗と涙』とか、『ど根性!』とかを割と大事する…

そういった遺伝子を感じる。


フィギュアの男子シングルも素晴らしい成績でした。

羽生選手は、世界中の女子を萌え~させたでしょうね~。


さて、アイスホッケーも見なくちゃ!!



2014.02.23 / Top↑
節分も終われば、旧暦の国も新年!

ソチオリンピックももうすぐですね。

私は寒がりなので、冬に冬季オリンピックを見るというのがもー・・

何の我慢大会?という気がしないでもないです。

それでも、真央ちゃんのクルクルを楽しみにしています♪

かわいらしいイメージの真央ちゃんも、今やお美しいお姉さんですものね。

応援します!

十勝の寒さも、今が一番厳しい時。

時々見られるダイヤモンドダストや、樹氷に感動しています。

寒いですが、元気出していきましょう!
2014.02.05 / Top↑


今年のお年始は、主人の実家で過ごしていました。

ご夫婦ともに80歳を超えていますが、元気で暮らしていました。

お義父さんがすっかり”翁顔”になってきています。

年齢を重ねて、経験を重ねていい表情です。

そんな幸せな老後の人を見てホッとしました。

近所に主人の兄夫婦がいるので、みんなが安心して暮らせています。


さてさて、年の初めということで 今年の抱負…どうしましょ?

つつがなく のんびりと 平凡のうちにすごせれば いいんだよなー。

だんだんと そう考えるようになっています。


今年も たぶん停滞気味のブログであるでしょうが、

よろしくお願いします。

2014.01.05 / Top↑
今年も師走を迎えました!

初雪も降り、今年も”しめ”の月です。


今年もいろいろあったなぁ。

今までここに書かないでいたのですが、今年の5月ごろ”リウマチ”の診断を受けました。

膝関節の中に水がたまる症状が今年の初めから出始めまして、

関節の治療を始めてもよくならず、検査を繰り返しているうちに血液検査で判定が出ました。

幸い手の指には何も症状は出ず家事や生活には支障はないです。

ただ膝を痛めているので、ウオーキングが格好いい!と好評な人生だったのをあきらめざるを得ませんでした。

おばさんっぽい歩き方ですが、大丈夫。

今やリウマチの治療薬もいろいろいいものがありまして、

ひと月に一度病院で診察を受けながら、メトレイトという内服薬で治療をしています。

高齢者の多い病院での看護師という仕事も、この先この状況では難しいだろうという判断で転職をし、

この状況に理解のある病院にご縁がつながり、春から精神神経科の病院に外来で勤めています。


それがですね! 精神神経科、意外にも楽しくて

久しぶりに夢中で働いており、家ではクタクタ・・・

それで ブログ放置のなりました。 

便りがないのは元気な証拠! まさにその通りです!


この分野、私が看護学生のころは、結核やらい病患者さんのように

病院の中で一生閉じ込められて人生を終えるかのような印象でしたが、

今はそうではないですね。

詳しくは書けないですが、今まで”治療”といえば、薬・手術・検査…と思っていたのが

180° 世界が変わりました!



いろいろな意味で、今、この時でちょうどいい!

そんなタイミングで この分野に来たと思っています。

精神科の治療が進んでいることと、私もそういう人々を理解しようとするのに

ある程度人生を重ねているということ。


そんなわけで、今年、目いっぱい放置のブログをときどき覗いてくれていた方々に、

元気でいることをご報告申し上げます。

今年は良い年でした。

また来年も、良い年にしましょう!
2013.12.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。